部門紹介

看護部 Nursing Department

ご挨拶

看護部長
加藤ひとみ

世田谷記念病院は地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟、療養病棟の3つの機能の病棟を持っています。それぞれ機能は違いますが1日も早い在宅復帰に向けて治療とリハビリテーションを提供しています。看護部ではチームの一員として患者さんの機能回復に関わっています。

平成医療福祉グループは「絶対に見捨てない」という理念を掲げています。世田谷記念病院看護部ではこの理念を達成するために、更に地域の中核病院としての役割を考え「支える心、つなげる手」という看護部理念のもと日々看護を提供しています。 教育に関しては看護主任を中心に看護部教育委員会が活動を行っています。特に新人看護師教育では教育担当者、実施指導者、プリセプターが協力し新人看護師に向けた院内勉強会の実施やOJTで一人前の看護師になれるようにサポートしています。そして1年目の締めくくりとして症例研究を行っていますがそこで見る新人看護師の成長が私の楽しみとなっています。また中途採用看護師においても新しい環境で不安になることがないように教育マニュアルをもとに指導を行っています。

平成医療福祉グループでも教育に力を入れており関東、関西、徳島とエリアごとに集まり中央研修を行っています。当院からも研修に参加し知識の向上や他の病院の看護師との交流を行っています。得意分野では講師役を務める看護師もおり講師をすることで自分自身の知識向上にも繋がっています。 私たち看護部では知識、技術はもちろんですが、やさしく、親切で患者さんに寄り添った看護ができる看護師の育成に力を入れていきたいと思います。まだまた新しい病院で模索中ではありますが今後も色々な取り組みを行い成長したいと思います。

看護部理念

「支える心、つなげる手」

すべての人を支えようとするやさしい心。
人、心、社会をつなげようとするいたわりの手。
心と手のぬくもり大切に。

看護部基本方針

  1. 色々な声に耳を傾け、人権を尊重し、優しい看護を提供します。
  2. 患者さんを中心としたチーム医療を実践し、社会の中で安心して生活できるように地域との連携を密にします。
  3. やさしさ、豊かな感性、広い視野をもった人材を育成し、科学的根拠に基づいた看護を提供します。

看護部教育理念

知識・技術・人間性を磨き看護専門職として高い倫理観のもと、身体・心・社会の全てに寄り添える職業人を目指す。

看護部教育目標

  1. 平成医療福祉グループの一員として責任ある行動がとれる。
  2. 専門的知識をもち科学的根拠に基づいた看護が実践できる。
  3. やさしく、親切な接遇に責任をもち心を癒す看護が実践できる。
  4. 患者を総合的にとらえ人と人、人と社会との繋がりを大切にした看護が実践できる。
  5. コミュニケーションスキルを身につけ患者・家族・医療チームでの人間関係調整能力が発揮できる。