入院

医療療養病棟 Medical care ward

医療療養病棟とは

医療療養病棟は、急性期の治療を終えた後も引き続き中長期的な治療が必要な方が主な入院対象となっている病棟です。また、ほかの回復期病院や在宅系施設からの受け入れも行っています。重症の患者さんや呼吸器をつけられた方はもちろん、ターミナル(終末医療)の患者さんも入院しています。
当病棟は長期入院だけではなく、在宅復帰を目指す病棟でもあります。ご自宅もしくは施設への復帰を目標に、その方に適したリハビリテーションと治療を行い、早期の在宅復帰を目指しています。

病棟の特長

リハビリに専念できる環境
高度急性期病院での治療が終わったもののすぐに在宅復帰できない患者さんに対して、集中的な治療と積極的なリハビリテーションを行っています。病棟内にはリハスペースも設備されており、リハビリに専念できる環境が整えられています。
積極的な
リハビリテーション
1対1で行われる個別のリハビリテーションではそれぞれの患者さんに合わせたプログラムを提供しています。患者さんみなさんで行う集団でのリハビリテーションでは積極的に離床を促し、みなさんで一緒に行う体操やレクリエーションを主に行っています。
退院後も続くケア
在宅復帰あるいは介護施設に退院後も誤嚥性肺炎や尿路感染などで治療を要する状態となった場合、迅速に入院受け入れが出来るよう体制を整えております。

病棟概要

病床数
4階病棟 49床
医師数
常勤医 3名
看護配置基準
13:1